MESHアプリ

アプリをダウンロードして、MESHをはじめてみよう!

MESH App

MESHタグと連携して、さまざまなことを実現可能にするアプリです。

以下のようなことができます。

  • MESHタグ から情報を受け取ったり、送ったりする
  • マイク、スピーカー、カメラなどのタブレットやスマホの機能を使う
  • Philips Hue(ヒュー) などの他の機器をコントロールする
  • メールを出したり、インターネット上から情報を取得・送信する
  • 動作確認済み機種は こちら からご確認ください。
  • MESHタグをAndroid端末ではじめて利用される方へ
    MESHタグをAndroid版MESHアプリで使う場合には、最初の接続時にMESHタグのファームウェアアップデートが行われます。詳しくは こちら をご確認ください。

AppStore ロゴ GooglePlay ロゴ

MESH App

アプリ上でアイコンをつなぐだけ

MESHを使うのに難しい知識や技術は必要ありません。

たとえば「ボタンを押した時にLEDを点灯させたい」時は
入力となるボタンタグのアイコンと、
出力となるLEDタグのアイコンを
画面下のリストからドラッグ&ドロップし、
ふたつをコネクターで”ピキーン”と軽快につなぎましょう。

これだけでボタンが押された時に、LEDが点灯する仕組みが完成します。

タグの紹介

多彩なタグたち

MESHアプリには「MESHタグ」だけでなく
「ソフトウェアタグ」がたくさん用意されています。

タグはこれからもどんどん増えていきます。

App tags

MESHタグ

MESHタグのアイコンは、MESHタグ本体とアプリがペアリングすると現れます。
アイコンをアプリのキャンバス上に配置することで機能を使うことができます。
各タグの詳細な機能については、タグ個別のページでご説明致します。

ソフトウェアタグ

  • デバイス
  • ロジック
  • 連携

タブレット・スマートフォンのカメラやマイクなどMESHアプリが起動しているデバイスの機能をMESHアプリ上で使用するためのソフトウェアタグです。

カメラタグ

カメラタグ

タブレット・スマートフォンのカメラを使い、写真を撮ることができます。

Take Picture(写真を撮る)

写真を撮る

タブレット・スマートフォンのカメラ(前面/背面)で撮影することができます。
撮った写真はタブレット・スマートフォンの内蔵アプリケーション、「写真」で確認できます。

カメラ位置:
前面のカメラを使うか、背面のカメラを使うか選ぶことができます。

バックグラウンド実行時の注意点

  • カメラタグは使用できません。

マイクタグ

マイクタグ

タブレット・スマートフォンのマイクが大きな音を感知した時に反応します。

音を感知したら

音を感知したら

まわりの音の大きさが設定した音の大きさの範囲に達した時に信号を送ります。

感度:
反応する音の大きさを1~100の段階で調整することができます。

音の大きさを確認する

音の大きさを確認する

このソフトウェアタグが信号を受け取った時に、まわりの音の大きさが設定した音の大きさの範囲か確認できます。

感度:
反応する音の大きさを1~100の段階で調整することができます。

バックグラウンド実行時の注意点

  • iPhone, iPad, iPod touchをご利用の場合、マイクがオンになっていることを知らせるために画面上部が赤く表示されます。
  • バックグラウンド実行時に他の音を取り扱うアプリを起動すると、マイクタグが無効になることがあります。

スピーカータグ

スピーカータグ

タブレット・スマートフォンのスピーカーから効果音を再生します。録音した音やタブレット・スマートフォン内の音楽ファイルを再生することもできます。

再生する

再生する

指定した音声ファイルを再生します。

サウンド:
楽器の音やライオンの鳴き声など、音声ファイルを選択することができます。

追加:
・録音
 録音をすることができます。 録音した音声ファイルはカテゴリ一覧の「録音したもの」の中へ保存されます。
・ミュージック読み込み
 タブレット・スマートフォン内の音楽ファイルを読み込みます。読み込んだ音楽ファイルはカテゴリ一覧の「ミュージック」の中へ保存されます。

停止する

停止する

再生している音を止めます。

※注意事項

  • スピーカータグで音楽ファイルが再生できない場合はこちらをご覧ください。

通知タグ

通知タグ

タブレット・スマートフォンの通知機能を用いて、入力した文章やMESHタグで検知した温度・湿度などの値を表示します。

通知する

通知する

メッセージを表示します。 たとえば温度・湿度タグとつなぐと、乾燥してきたらテキストで通知できます。通知方法や表示方法に関しては端末側で設定したものが反映されます。

メッセージ:
通知に表示する内容を入力します。

データ選択:
MESHタグで検知したデータを出力できます。出力可能なデータはこちらをご覧ください。

ミュージックタグ

ミュージックタグ

タブレット、スマートフォンの音楽機能やストリーミング機能を用いて、ミュージックを再生することができます。

再生する

再生する

プレイリスト:
再生するミュージックのプレイリストを作成できます。プレイリストのタイトルを編集することも可能です。

動作:
ミュージックタグにインプットがあった際の動作を以下から選べます。
・再生/一時停止
 プレイリストの再生/一時停止を交互に実行します。
・最初から再生
 プレイリストの1曲目から再生します。
・再生
 プレイリストの1曲目から再生します。プレイリストを再生中の場合は無視されます。

リピート:
プレイリストのリピート再生のオン/オフを設定できます。

シャッフル:
プレイリストのシャッフル再生のオン/オフを設定できます。

コントロール

コントロール

プレイリストの再生を制御できます。

種類:
制御の種類を【再生/一時停止】、【次の曲】、【前の曲】、【曲の先頭から】、【再生】、【一時停止】から選べます。

※注意事項

  • iOS版MESHアプリでは、マイクタグと同時に利用することができません。

同時に信号を受け取った時や、定期的に信号を送るなどの仕組みをMESHアプリ上で実現するソフトウェアタグです。

Andタグ

Andタグ

2つの信号を同時に受け取ったとき、出力先に信号を送る機能です。

Simultaneous(同時)

同時に

たとえば2つのボタンが同時に押された時など、同時に2つの信号を受け取った時のみ次へ信号を送ります。

時間範囲:
「同時」と判断する秒数を指定できます。たとえば30秒に指定した場合、30秒以内に2つの信号を受け取れば「同時」と判断され、次へ信号が送られます。

タイマータグ

タイマータグ

一定時間待つ、指定した時刻に信号を送る、など時間に関する機能です。

待つ

待つ

信号を受け取った時、指定した秒数待ってから次へ信号を送ります。

時間:
1秒から59分59秒の間で待ち時間を設定することができます。

一定の間隔で

一定の間隔で

指定した間隔で定期的に信号を送ります。
「オフ」コネクターに信号が伝わると、指定した間隔で信号を送ることがストップします。
「オン」コネクターに信号が伝わると、改めて指定した間隔で定期的に信号を送ります。

オン/オフ:
「一定の間隔で」の動作を有効にする、あるいは無効にすることができます。

間隔:
1秒から59分59秒の間で定期的に信号を送る間隔を決めることができます。

指定のタイミングで

指定のタイミングで

指定した時刻に信号を送ります。

オン/オフ:
「指定のタイミングで」の動作を有効にする、あるいは無効にすることができます。

時刻:
信号を送る時刻を指定します。

繰り返し:
「指定のタイミングで」が動作する曜日を指定します。

指定の時間だったら

指定の時間だったら

このソフトウェアタグが信号を受け取った時に、現在の時刻が指定した範囲内であれば、次に信号を送ります。

時間:
有効とする時刻の範囲を指定します。

指定の曜日だったら

指定の曜日だったら

このソフトウェアタグが信号を受け取った時に、現在の曜日が指定した曜日であれば、次に信号を送ります。

曜日:
一週間のうち、有効とする曜日を指定します

スイッチタグ

スイッチタグ

信号を送る先を切り替える機能です。

順番に切替える

順番に切替える

「入力」コネクターが受け取った信号の出力先を上から下へ順番に切り替えていきます。
「リセット」コネクターが信号を受け取ると、出力先は一番上に戻ります。

出力数:
出力先の数を2~6の間で選ぶことができます。

ランダムに切替える

ランダムに切替える

「入力」コネクターが受け取った信号の出力先を、つながれた出力先からどれか1つランダムに選びます。

出力数:
出力先の数を2~6の間で選ぶことができます。

選んで切替える

選んで切替える

「入力」コネクターが受け取った信号を選択された出力先に送ります。
「出力選択」コネクターが信号を受け取った場合、出力先を上から下へ順番に切り替えていきます。
「リセット」コネクターが信号を受け取ると、出力先は一番上に戻ります。

出力数:
出力先の数を2~6の間で選ぶことができます。

カウンタータグ

カウンタータグ

信号を受け取った回数を数えます。指定した回数に達すると次に信号を送ります。

Count Up(カウント)

カウント

「カウント」コネクターが受け取った回数を数えていき、指定した回数に達したら次に信号を送ります。
「リセット」コネクターが信号を受け取った場合は、カウントしていた数をリセットします。

カウント:
1~1000の間で次に信号を送るまでの回数を決めることができます。

Philips Hue(ヒュー)やGmailのような、外部のデバイスやアプリをMESHアプリ上で使用・制御・連携するためのソフトウェアタグです。

Philips Hueタグ

Philips Hueタグ

ワイヤレスで光の色が変えられる電球 Philips Hue(ヒュー)をMESHでコントロールすることができます。

点灯する

点灯する

Hueを点灯します。

ライト:
どのHueを点灯させるかを指定します。

色:
Hueの光の色を変えることができます。

明るさ:
Hueの明るさを変えることができます。

点滅する

点滅する

Hueを点滅させます。

ライト:
どのHueを点滅させるかを指定します。

色:
Hueの光の色を変えることができます。

明るさ:
Hueの明るさを変えることができます。

消灯する

消灯する

点灯、点滅させているHueを消灯させます。

ライト:
どのHueを消灯するかを設定できます。

Gmailタグ

Gmailタグ

Gmailでメールを送信する。またはメールを受信したときに信号を送ることができます。

送信する

送信する

メールを送信します。事前に宛先と内容を書き込んでおく必要があります。

送信先:
メールを送る宛先のメールアドレスを入力します。

件名:
メールの件名を入力します。

本文:
メールの本文を入力します。

データ選択:
MESHタグで検知したデータを出力できます。出力可能なデータはこちらをご覧ください。

受信したら

受信したら

Gmailがメールを受信したときに信号を送ります。

フィルタ:
特定のアドレス、件名、内容のメールにのみ反応するよう設定ができます。

送信元:
指定したメールアドレスからのメールにのみ反応するようにします。

件名:
指定した件名のメールにのみ反応するようにします。

全体:
届いたメールの送信元、件名、本文の中に、指定した文章やメールアドレスと同一のものがある場合に反応するようにします。

IFTTTタグ

IFTTTタグ

IFTTT(イフト)を使えば、IFTTTに対応したオンラインサービスやスマートデバイスと連携することができます。

Send(送信する)

送信する

IFTTTに対して信号を送ります。送信したイベントはIFTTT上のMESH Channelの「Event from MESH app received」で受け取られます

イベントID:
IFTTTにイベントを送信する際のIDを設定できます。
この設定により、IFTTT上のIDが一致するイベントのみを実行することができます。
この設定が空欄の場合は、IFTTT上のMESH ChannelをTriggerにする全てのイベントが実行されます。

Text:
IFTTT上にイベントを送信する際のテキスト情報を設定できます。

データ選択:
MESHタグで検知したデータを出力できます。出力可能なデータはこちらをご覧ください。

Receive(受信したら)

受信したら

IFTTTの「Send an event to MESH app」から送信されたイベントを受け取った際に反応して、信号を送ります。

イベントID:
IFTTTから送信されたイベントのうち、イベントIDが一致するもののみ反応するように設定ができます。
この設定が空欄の場合は、IFTTTから送信された全てのイベントで反応します。

OLYMPUS AIRタグ

OLYMPUS AIRタグ

レンズ型カメラ OLYMPUS AIR(オリンパス エアー)とMESHを連携することができます。

写真を撮る

写真を撮る

あらかじめ指定された撮影設定で、OLYMPUS AIRで写真を撮ります。

撮影設定を変える

撮影設定を変える

OLYMPUS AIRの撮影設定をMESHアプリで選択した内容に変更します。

露出補正値:
-5.0~+5.0の間で、OLYMPUS AIRの露出補正値を設定できます。
露出補正値をプラスにすれば明るく、マイナスにすれば暗く撮影することができます。

顔認識AF(オートフォーカス):
人間の顔を認識し、自動でピントを合わせる機能のオン/オフを選択できます。

アートフィルター:
OLYMPUS AIRのアートフィルター機能を使い、写真にエフェクトをかけることができます。
アートフィルターはドラマチックトーンやビンテージなどの13種類から選ぶことができます。

その他設定

タグリストに並んだOLYMPUS AIRタグをタップすると、写真の保存先や撮影画像サイズを変更することができます。その他、電池残量や接続状況を確認することもできます。

名前:
OLYMPUS AIRタグに任意の名前を設定することができます。

保存先:
写真データの保存先を「カメラ」に設定した場合、OLYMPUS AIRにセットしたmicroSDのみに写真データを保存します。
保存先を「カメラ+この端末」に設定した場合、OLYMPUS AIRにセットしたmicroSDとMESHアプリを起動しているデバイス両方に写真データを保存します。

撮影画像サイズ:
写真のサイズを以下のサイズから選ぶことができます。
保存先を「カメラ+この端末」に設定した場合、HDサイズ以上の撮影画像サイズを選択することはできません。また、保存形式はJPEGとなります。

16M4608×3456
8M3200×2400
5M2560×1920
Full HD1920×1440
2M1600×1200
HD1280×960
0.8M1024×768
VGA640×480

OLYMPUS AIRを使用する上での注意点

  • MESHアプリで使用するためには、事前にOLYMPUS AIRの公式アプリ「OA.Central」で初期接続設定を行う必要がありますOLYMPUS AIRとMESHアプリが起動しているデバイスが正常に接続できていることを確認してからご利用ください。
  • OLYMPUS AIRとデバイスの連携を行うと、他のWi-Fiを使用するタグを併用してご利用できません。他のWi-Fiを使用するタグをご利用になる場合は、OLYMPUS AIRとデバイスの連携を解除してください。
  • OLYMPUS AIRタグをバックグラウンド実行している状態で、OLYMPUS AIRを制御する他のアプリを使用すると、正しく動作しない場合があります。
  • OLYMPUS AIRを制御するMESH以外のアプリを利用した直後は、MESHアプリを立ち上げなおしてください。この操作を行わない場合、一定時間経過後、OLYMPUS AIRの電源が切れ、MESHアプリからの制御ができなくなります。
  • デバイス
  • ロジック
  • 連携

SDK β版(ベータ版)

MESH SDKとは?

MESH SDK(Software Development Kit) β版(ベータ版)とは、ユーザーがオリジナルのソフトウェアタグを開発するための環境です。少しのJavaScriptの知識があれば、誰でもソフトウェアタグを作成することができます。また、MESH SDKはインターネットに接続できる環境であれば、ブラウザから利用可能なインストール不要のWebアプリケーションになっており、手軽に利用することができます。

MESH SDK をはじめる

※ユーザー登録画面は英語ですが日本語のマニュアルを用意しています。

MESHタグラインナップ

  • LEDタグ
  • ボタンタグ
  • 人感タグ
  • 動きタグ
  • 明るさタグ
  • 温度・湿度タグ
  • GPIOタグ