MESHを使ってできること

センサーで状態を確認したり、
電気部品を動かせる

  • 人が通過したら信号を送る

  • 温度・湿度を計測して記録をする

  • モーターとつないで車を動かす

簡単なプログラミングで
「しくみ」がつくれる

操作は指でなぞってつなげるだけ!

振動と明るさの変化を同時に検知したら、スピーカーが鳴る

30分に1回、温度を測り、気温の変化をLEDの色で知らせる

身近なものと組み合わせて、
アイデアを具現化・共有できる

  • 身近なものと組み合わせた
    幅の広い授業ができる

  • モノづくりの楽しさを感じながら
    主体性や協調性を育てる

  • 考える時間を増やすことで
    創造性を養う

こんな授業で
活用されています!

  • 理科

    天気と気温の関係を調べよう

  • 家庭科

    寒い季節を快適に過ごす工夫

  • 図画工作

    段ボールで思い出ボックスづくり

  • 総合的な
    学習の時間

    学校のバリアフリー化

MESHを使った授業例
[小学6年 理科]

MESHは複数の出版社の理科の教科書で掲載されています。
MESHの授業での使い方はさまざまですが、ここでは理科の「電気の有効活用」での一例をご紹介します。

理科の授業での使い方

電気を効率よく
使うためには?

身のまわりでは、どのようなしくみで
電気が有効活用されているかを知ろう

10〜13時限 / 全14時限

  • 単元目標

    発電や蓄電、電気の変換について、電気の量や働きに着目し、それらを多面的に調べる活動を通して、電気の性質や働きについての理解をはかる。
    実験などに関する基本的な技能を身につけるとともに、電気の性質や働きについて、より妥当な考えをつくり出す力や主体的に問題を解決する態度を養う。

  • プログラミングをどのように行うか

    『電気をより効率的に使用するためには、どうしたらよいか?』という問題を解決する過程で、プログラミングが可能なスイッチを用いて電気を有効活用するしくみを実際にプログラミングする。
    センサーをどのように活用するのか?どのようなプログラムにしたら電気を効率よく使えるしくみができるか?といった点について、対話を通して試行錯誤をくり返し、より効率のよい電気の利用の仕方を考える。

単元計画
(プログラミングを含め14時間扱い)

  • 第1次

    電気を作るには(光電池、モーターや手回し発電機による発電)

    2時間

  • 第2次

    電気をたくわえておくには(コンデンサーによる蓄電と変換)

    4時間

  • 第3次

    なるべく電気を使わないようにするには(電熱線、発光ダイオード)

    3時間

  • 第4次

    スイッチの工夫でさらに電気を節約するには(プログラミング)

    基本:LEDで電気の有効活用を考える

    2時間

    応用:扇風機を効率よく使う方法を考える

    2時間

  • 第5次

    電気を効率よく利用するための住宅とは

    1時間

MESHが掲載されている
教科書一覧

その他の教科での授業例

理科以外にも、図画工作、家庭科、総合的な学習の時間、音楽など、さまざまな授業でプログラミングを取り入れた授業を組み立てることができます。MESHはそれらの授業での多様なアイデアを実現するのに役立ちます。

授業実践例一覧を見る

授業で役立つMESH関連
商品・サイトのご紹介

MESHをすぐに授業でご利用いただけるように教科別の授業事例手順やポイントを収録したDVDブックや小学6年生 理科「電気の利用」などでMESHを手軽に利用できる関連商品や授業で役立つサイトをご紹介。

MESHは、さまざまな教育関連
サイトで紹介されています

  • 小学校を中心とした
    プログラミング教育

    未来の学びポータルによる、プログラミング教育必修化に向けた情報の総合サイトで、MESHが教材として紹介されています

    詳細を見る
  • Computer Science for ALL

    NPO法人CANVASが運営する、子どもたちにプログラミング教育を届けるためのメディアで、MESHを使った事例が紹介されています

    詳細を見る
  • ソニー科学教育研究会

    「科学が好きな子どもを育てる」ために教育支援を展開している研究会で、 MESHを活用した実践レポートを数多く掲載いただいています。

    詳細を見る

よくあるご質問

プログラミングや技術に詳しくなくても大丈夫ですか?
MESHのプログラミングは、ブロックの機能をMESHアプリの画面上で線でつなぐだけ。例えば、「ボタンが押された ら、LEDライトを点灯する」は、ボタンとLEDのブロックを画面上でつなぐだけで実現できます。画面上の接続と実際 の動作がリアルタイムに連動しているので、初めて触る方でも、自分で確認しながらどんどん進めていくことができ ます。チュートリアルや困ったときのFAQも用意していますので、安心してご利用ください。
MESHを使い始めるために、ブロックを全種類揃える必要はありますか?
MESHはブロックひとつからでも使用することができます。MESHブロックは現時点で7種類あり、ひとつひとつ機能が異なりますので、必要なMESHブロックをご利用ください(アプリは無料でダウンロードいただけます)。
ひとり1セット用意する必要がありますか?
MESHはグループワークにも適していますので、4〜5人のグループで1セットでも充分に学ぶことが可能です。むしろ、グループで使うことによって、アイデアの創発やコミュニケーション力の向上など、グループワークだからこそ実施できるプログラミング学習が可能となります。