SDK

SDK
SDK

MESH SDK(β / ベータ版)は、現在ご登録いただいた開発者の方のみご利用できます。
オリジナルのカスタムタグを作成して、新しくユニークなMESHのレシピを作りましょう!

MESH SDKとは?

ボタンタグ、LEDタグ、動きタグ、人感タグ、明るさタグ、温度・湿度タグ、GPIOタグ / 既存のタグに加えて、MESH SDKを用いると以下のようなオリジナルのカスタムタグ(ソフトウェアタグ)を作ることができます。


ロジック・アルゴリズム
 – 複雑な手続きや演算、キャンバス上での経路制御を実行するソフトウェアタグ
例:ランダム

Webサービス連携 (Web API)
 – 外部サービスが公開している機能(Web API)にアクセスするソフトウェアタグ
例:天気予報

デバイス連携(Web API)
 – WiFi搭載機器が公開している機能(Web API)にアクセスするソフトウェアタグ
例:WiFiカメラ制御


MESH SDK(Software Development Kit)とは、ユーザがオリジナルのカスタムタグを開発するための環境です。JavaScriptの知識があれば、誰でもソフトウェアタグを作成することができます。また、MESH SDKはインターネットに接続できる環境であれば、ブラウザから利用可能なインストール不要のWebアプリケーションになっており、手軽に利用することができます。

MESH SDKの使い方

ステップ1 アカウント登録

MESH SDKの利用には、事前にアカウント登録が必要です。「MESH SDKを使う」からアカウントの登録ができます。アカウントの準備が出来ましたら、登録時にご入力頂いたメールアドレス宛にメールをお送り致します。メール内に記載されているURLにアクセスして登録を完了させて下さい。

ステップ2 WebブラウザでSDKにアクセス

SDKはWebブラウザから使用することができます。
URLはアカウント登録時にお送りしたメール内に記載されています。SDKページへは、このページのトップにある「MESH SDKを使う」からもアクセスすることができます。SDKへのアクセスは、PCからすることを推奨しています。

サポートブラウザ:Chrome, Firefox, Safari

ステップ3 カスタムタグの作成と編集

MESH SDK上で簡単な設定とJavaScriptでのプログラミングを行うことで、オリジナルのカスタムタグを作成することができます。
JavaScriptのサンプルコードはこちら

ステップ4 MESHアプリへのタグのダウンロード

作成したタグをMESHアプリで使うためには、MESHアプリでアカウントのサインインを行い、作成したタグをダウンロードする必要があります。ダウンロードしたタグは、他のMESHタグのようにキャンバスのタグ一覧に表示されます

ステップ5 カスタムタグの使用と更新を繰り返す

作成したタグをドラッグ&ドロップして使ってみてください!
タグに問題がある場合、デバッグログでエラーを確認できます。SDKでのカスタムタグの変更は、MESHアプリでタグの更新を行い反映してください。

FAQ / よくある質問

Q. MESH SDKとは何ですか? 何ができますか?

A. MESH SDK(Software Development Kit)はブラウザから利用可能なインストール不要のWebアプリケーションです。「ロジック・アルゴリズム」「Webサービス連携」「デバイス連携」といったオリジナルのソフトウェアタグを作ることができます。

Q. JavaScriptのサンプルコードはありますか?

A. はい、ございます。こちらはカウンタータグのサンプルコードです。入力イベントの回数を数え、ユーザが設定した回数になったときにイベントを出力しています。コードはたったの10行です。

[Initialize]

return {
    runtimeValues : { count : 0 }
};

[Receive]

/*** No Receive codes ***/

[Execute]

runtimeValues.count++;
if (runtimeValues.count == properties.Limit) {
    runtimeValues.count = 0;
    return { resultType : "continue" , rutimeValues : runtimeValues };
} else {
    return { resultType : "pause" , runtimeValues : runtimeValues };
}

[Result]

/*** No Result codes ***/

その他、リファレンスマニュアルにを作例として用意しております。以下のサンプルコードをご用意しております。Cameraタグ: Camera Remote APIを使用し対応するカメラをMESHからコントロール
天気予報タグ: OpenWeatherMap serviceが提供するWeather APIを利用して、現在の天気に応じて反応が変わる
ランダムタグ: 入力コネクタにメッセージが入るたびに、複数の出力コネクタのうちランダムに1つを選びメッセージを出力する

Q. MESH SDKで外部のJavaScriptライブラリは使用できますか?

A. 外部ライブラリのロードには現在対応しておりません。

Q. カスタムタグをMESHアプリで使う・更新するにはどうすればいいですか?

A. カスタムタグをMESHアプリで使う・更新する方法







1. Appストア、もしくはGoogle Playから最新のMESHアプリをダウンロードします。

2. レシピリストを開き、上部右のメニューボタンをタップします。

3. SDKボタンをタップし、SDKアカウントダイアログを開きます。

4. アカウント登録時に使用したメールアドレスとパスワードを入力し、サインインボタンをタップします。

5. キャンバスを開き、サインインに成功していれば、タグ一覧の下部にカスタムカテゴリが表示されます。+ をタップすると、SDKで開発したカスタムタグの一覧が表示されます。タグ一覧が表示されない場合は、ご使用の端末がインターネットに接続されているかを確認してください。

6. ダウンロード、あるいは更新したいタグのアイコンを選択し、タップしてください。

7. 追加ボタンを押します。

8. 選択したカスタムタグが自動的に追加、あるいは更新されます。

Q. SDKを用いてハードウェアへのアクセスを行い、動きタグのセンサデータを取得したり、LEDタグの点灯パターンを制御したりできますか?

A. ハードウェアアクセスには現在対応しておりません。

Q. カスタムタグがうまく動きません。どのようにデバッグすればいいですか?

A. カスタムタグをデバッグする方法



1. キャンバス を開き、カスタムタグをドラッグ&ドロップします。

2. タグ一覧にあるログボタンをタップします。

3. SDKログダイアログが開き、エラーメッセージや、コードに「log( ‘表示したいメッセージ’ )」コマンドで挿入したログメッセージを見ることが出来ます。

お問い合わせ

これより先は、ソニーマーケティング株式会社が運営するサイトにリンクします。ご記入いただいた情報は、暗号化された通信により送信され、ソニー株式会社およびソニーマーケティング株式会社にて安全に取り扱い、適切に管理いたします。プライバシーポリシーをご確認いただき、ご承諾いただいた後に下の水色のボタンからお問い合わせをお願いします。

To Page Top